秀峰 今日の窯出し!

秀峰 最新の窯出し商品やトピックスをお届けいたします! 

2009年04月の記事

どんぶり&ぐい呑み

どんぶり&小どんぶりです。
平らな粘土の板(タタラ板)から作りました。
粘土と粘土のつなぎ目が3箇所あります。
IMG_3376ブログ
サイズ:18×8(大)
     15×7(小)


そして、ぐい呑みいろいろ。
ねずみ志野、織部鉄絵、粉引、絵唐津などなど。
ろくろ&手びねり成形です。
IMG_3450ブログ
「手びねり」と「ねずみ志野」の相性は良さそうです。
IMG_3386ブログ
サイズ:7×5 など

5/3~5 だち窯やまつり開催!
詳しくはHPの「トピックス」をご覧ください。
こちら↑も販売致します。
スポンサーサイト

織部鉄絵手桶(小)

織部鉄絵の手桶(小)です。
ショールームの入口にあるものよりも
ずいぶん小さいので、
テーブルウェアとしてお使いいただけます。

ワインクーラーなんかにいかがですか。

サイズ:16×19

IMG_3380ブログ


5/3~5 だち窯やまつり開催!
詳しくはHPの「トピックス」をご覧ください。
こちら↑も販売します。

茶巾ペーパーウェイト

今日ご紹介するのは
茶巾しぼりのペーパーウェイト。

織部、灰釉、飴釉など。
形もしぼりも一つ一つ違います。
蚊帳目がついていますので、
土がしぼられていく方向(?)がみてとれます。

小さいけれど、存在感はたっぷりです。

サイズ:5×2×2 など

5/3~5 だち窯やまつり開催!
詳しくはHPの「トピックス」をご覧ください。
こちら↓も販売します。

IMG_3385ブログ
IMG_3384ブログ

輪花いろいろ

ゴールデンウィークのイベントまであと数日!
こちらのブログでは
「蔵出し窯めぐり」で展示・販売予定のものを
前日までご紹介していきます。
※一部です。数に限りがあります点をご了承ください。


今日は輪花モノいろいろ。

織部、灰釉、黄瀬戸のあやめ輪花小鉢です。
横から見た形もなかなかです。

サイズ:16×5(織部&黄瀬戸)
     13×6(灰釉)
IMG_3374ブログ
IMG_3372ブログ


そしてこちら↓は新作の輪花皿。
同じ輪花でもやわらかい雰囲気です。

小さいお皿にはカップをのせていますが
小皿として単品で使っていただけます。
もともとカップ用に作ったものではないのですが
大きさも雰囲気もよかったのでセッティングしてみました。

大きなお皿に小さなお菓子をチョコチョコと並べて
みんなでティータイムなんてどうでしょう。

大皿:22.5×2.5
小皿:13×2
カップ:9.5×7
IMG_3368ブログ
5/3~5 だち窯やまつり開催!
詳しくはHPの「トピックス」をご覧ください。

ポットいろいろ

ポットいろいろ。
小ぶりのカップですと3~4杯入ります。
暑い日には氷水をいれて、カレーのおともにいかがですか。

胴体は同じで、口・取手・上部の形が一つずつ違います。

ゴールデンウィークの蔵出し窯めぐりでお披露目する予定ですが、
まだ1つずつしかありません。。今のところ1点ものです。
ご紹介しておきながら、
お越しいただいた時にはないかもしれないという。。。
気に入っているので、ついのせました。

サイズ:10.5×12(口、取手を除く)

5/3~5 だち窯やまつり開催!
詳しくはHPの「トピックス」をご覧ください。

IMG_3325ブログ
IMG_3330ブログ

旧まな板

今から60年程前、先代のお嫁さん(現社長のお母さん)が
嫁入りのときに持ってきたまな板です。
包丁のあとがたくさんついています。

まな板といっても、110×50センチの超巨大サイズ!

その当時は、社内で成形~焼成まで全て行う
今のスタイルではありませんでした。
絵付けをするときには絵付専門の職人が、
窯をたくときには窯焼き専門の職人が大勢集まってきます。
(その人たちは多くの窯元をまわって仕事をします。)

仕事が終わると料理やお酒をふるまったので、
このくらい大きなまな板が必要だったのでしょう。

IMG_3358ブログ


こちら↓はぶどうシリーズ

ぶどう紋大鉢(25×12)
  〃  角皿(18×4)
  〃  飯碗(11.5×6)
  〃  湯呑(7.5×8.5)
だち窯やまつりの「蔵出し窯めぐり」で
販売する予定です。お楽しみに!
※数に限りがあります。

5/3~5 だち窯やまつり開催!
詳しくはHPの「トピックス」をご覧ください。

IMG_3377ブログ


新作ミニかぶと

かぶとを作っています。

戦場で身を守ってくれるかぶと。
端午の節句に飾るのは
子供に災いがふりかかることなく、無事にたくましく成長するのを
願ってのことだそうです。

どんな感じに焼けるか、楽しみです!


5/3~5 だち窯やまつり開催!
詳しくはHPの「トピックス」をご覧ください。


IMG_3319ブログ
IMG_3322ブログ



旧ダイニングテーブル

おおよそ、1960年~1980年の間
食卓で使っていたテーブルです。

30年間しまってあった(!)のをひっぱりだしてきました。

ほこりをきれいに洗いながして
ティータイムを楽しみました。
30年ぶりの現役復帰です!


5/3~5 だち窯やまつり開催!
詳しくはHPの「トピックス」をご覧ください。


IMG_3306ブログ
IMG_3308ブログ
IMG_3315ブログ

灰釉手桶

3/7付のブログでご紹介した「織部手桶」がきのう売れました。
お買い上げありがとうございました!

同じ形の釉薬違いがこちらです。
渋いっ。


IMG_3316ブログ

だち窯やまつりのお知らせ

5/3~5/5に、第8回だち窯やまつりを開催します。
秀峰窯も「窯や蔵出しめぐり」などに参加します。
この機会にぜひお越しください。
お待ちしております。

詳しくは
HPの「トピックス」「Hot News」をご覧ください。



IMG_3248ブログ


元気いっぱいの

先輩スタッフが家の庭から花を摘んできてくれました。
この花はとっても長持ちします。
水をよく吸うんだそうです。

しばらくほったらかしておいても大丈夫(笑)
「そういえばあの花。。。」と
久ーーしぶりに恐る恐る様子を見にいっても、
何事もなかったかのようにシャキッ!としています。
ありがたい。


白い角鉢にごっそりいれてみました。
今回もきっと長持ちです。


IMG_3268ブログ
IMG_3274ブログ


新しいテーブル


展示ルームに新しいテーブルが登場しました!
設計事務所さんが
古い障子戸に足をつけてテーブルに仕上げてくれました。
新しいガラスがのっているので、天井やら器やら
いろいろなものが反射して綺麗です。
ピカピカって気持ちがいいですね!
傷がつかないように大切に使わねば。

さっそく器と記念撮影です。


<菖蒲紋輪花小鉢>
IMG_3253ブログ
IMG_3255ブログ


織部線刻三段皿

IMG_2992ブログ
<織部線刻三段皿(大)> 径23.5

板状に切った粘土でつくる「タタラ成形」でできています。
裏面にはハマがついています。
ふちが波を打つように5箇所変形させてあります。

見た目以上に工程が多い上に
それぞれの工程に適したちょうどよい乾き具合を見逃さないよう
比較的目をかける必要があるので、
1つ作るのに神経を使い時間をかけます。
その分愛着がわきます。

ほかの器でもそうですが
段の深さ、線刻の幅、波のうたせ具合など
1ミリ、もしくはそれ以下のほんのちょっとしたことで
雰囲気がガラッと変わってしまうところが
こわくもあり、挑戦しがいのあるおもしろいところでもあります。

「手でつくる」というところに生じる限界もありますが
「手でつくる」ことでしか表現できないものもあり
言葉にできないそのよさが思い通りに表現できたときには
嬉しくて何度も眺めたくなります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。