秀峰 今日の窯出し!

秀峰 最新の窯出し商品やトピックスをお届けいたします! 

2009年11月の記事

小皿いろいろ

 昨日、26日関市の鍋屋バイテックさんの関工園を
見学させていただきました。緑の中に工場やいろんな
施設が点在していて素晴らしい工場でした。
寿司バーコンセプト、多品種微量生産それに「お客さんが
必要としているモノの作りつずけたことが、良かった。」との言葉に
納得いたしました。
美濃焼振興室の皆さんには、いろいろと準備をしていただき、
ありがとうございました。

今日の窯出しです。

IMG_4400.jpg
 
IMG_4401.jpg

IMG_4402.jpg

IMG_4403.jpg

小皿ばかりです。
スポンサーサイト

どんぶり百撰

 来年2月の東京ドームテーブルウエアーフェスティバルの
どんぶり百撰の準備の真っ最中です。
今回も同一形状で、各窯元がその特色を生かして、
制作しています。なお、ご飯茶わんも同一形状で、
和み茶碗として、出展いたします。
和みどんぶり、和み茶碗をお楽しみに。

秀峰の和みどんぶりです。

IMG_4395.jpg

IMG_4396.jpg

IMG_4397.jpg

織部重箱

 自分に都合が悪い時に、よく言い訳をしたり、愚痴をいったりします。
でも、そうゆう時は、本当に自分の責任だったりしますよね。
 雨が降っても、雪が降っても自分の責任です。
ちょっと厳しすぎますか?  

今日の窯出しです。

IMG_4392.jpg
 
IMG_4393.jpg
IMG_4394.jpg

蓋の上にも料理を盛り付けます。
室内で頂くお弁当にどうですか?

朝鮮唐津皿、市松文様角皿

 だいぶ朝、明るくなるのが遅くなりました。
毎朝日課にしている散歩、朝6時に出かけていますが、
薄暗いですね。

今日の窯出しです。

IMG_4389.jpg

IMG_4390.jpg

口径26㎝ パスタ、家では生姜焼きとか、野菜炒めなどに
重宝しています。

IMG_4391.jpg

市松文様の皿です。先日イタリヤ料理まぐろのほほ肉を、
載せた織部の角皿と同じサイズです。

金彩椿鉢、古染付け向付け

 今日10日に現代の名工が発表になりました。
今朝の朝刊を開いたら、わたしの先輩が現代の名工の一人として
紹介されていました。わたしとは、業種は違い、かわらぶき職人(本人が
そう呼んでいます)です。公私ともに世話になっています。釣りやキノコ採りに、
時々一緒しますが、彼の風貌といえば、何所か哲学者を、思わせるところがあり、
私たちは、釣りをしながら哲学をしているとか、哲学者が釣りをしている、と囃し立てています。
神社仏閣でよく仕事をされているようです。ぜひとも彼の仕事の成果を
見学に行きたいものです。
彼に爪の垢を少し貰いたいものです。

今日の窯出しです。

IMG_4378.jpg

IMG_4379.jpg

金彩椿鉢 口径30㎝ 高さ10㎝

古染付け向付けを並べました。
IMG_4380.jpg

IMG_4381.jpg

IMG_4382.jpg

銀彩紅葉皿

 今土岐では、紅葉の真っ最中です。
曽木公園のライトアップも週末より始まります。
セラテクノ土岐周辺もナンキンハゼが、きれいに色づいています。

銀彩紅葉皿に、栗きんとんを盛りました。

IMG_4374.jpg

IMG_4375.jpg

やはり黒文字を置くと、締まりますね。
栗きんとんは、恵那川上屋さん。

織部土鍋

 11月に入り、だいぶ寒くなりました。
毎年この時期になると、東京ドームでのテーブルウェアーフェスティバルの
どんぶり百撰への追い込みです。
 昨日(6日)フェスティバル関係者の皆さんが、土岐まで、来て頂いて、
打ち合わせでした。いろいろとアドヴァイスをいただき、より具体的になりました。
前回よりも充実したものにしますので、お楽しみに。

寒い日は、鍋ですね。
今日の窯出しです。

IMG_4368.jpg

IMG_4369.jpg

口径30㎝ 高さ20㎝

野菜を入れるだけで、カニ鍋になります。
ソンナわけないですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。