秀峰 今日の窯出し!

秀峰 最新の窯出し商品やトピックスをお届けいたします! 

2011年05月の記事

Rin

 いよいよ、明日6月1日より、Rinさんで4社合同の展示会です。
今日積み込み、明日早朝出発いたします。明日のオープンは、
13時を予定しています。同時期には、ライフスタイルショーも開催されています。
お時間が在りましたら、一度のぞいてみてください。

DM(ol).jpg


今日の窯出しです。

IMG_7245.jpg

IMG_7244.jpg
 
金彩帆掛け舟の8寸皿です。
ざるそば用に製作しました。
スポンサーサイト

銀彩の器

 今日は5月30日は、雨は止んでいます。
晴れてくれれば、半製品を天日乾燥できます。
梅雨の間のわずかの晴れ間になれば、ありがたいですね。

今日の窯出し

IMG_7242.jpg

IMG_7243.jpg

口径20センチ、高さ7センチ

そばのぶっかけ用です。

そばの器

 昨日5月28日は、秀峰はお休みでしたが、
午前中は、仕事の区切りを着けるため、作業。
午後は、家族揃って蕎麦屋さんへ出かけました。
そばランチをいただく。野菜のかき揚げおいしかった。
そばも、もちろん美味。

IMG_7231.jpg

IMG_7233.jpg

IMG_7234.jpg

IMG_7228.jpg

昨日のプレートです。

梅雨入り

 東海地方、昨日5月27日早くも梅雨入りです。
5月に梅雨入りとは、早いですね。
朝の散歩が、ちょっと工夫が要りますね。
毎年この時期になると、朝、雨が止んでいれば少し離れた
公園まで車で行きそこでの、朝のウォーキングとなります。
雨が降りだしたら、車に乗り込み帰宅です。朝のウォーキングは、
気持ちいいですね。欠かすことができなくなりました。

今日の窯出しです。織部のプレートです。

IMG_7225.jpg

灯りー2

 前回の灯りに電球を組み込みました。

IMG_7221.jpg

IMG_7222.jpg

IMG_7224.jpg

IMG_7223.jpg

 透かしの多いのと少ないもの、2種類です。
これ等の写真は、秀峰の女性スタッフが撮ってくれました。
 私よりイイですね。
高さ、50センチ 口径14センチ。

今日一日が皆様にとって、イイ一日でありますように。

灯り

 今日の窯出しです。

IMG_7219.jpg

IMG_7220.jpg

前回紹介しました灯りが焼きあがりました。

この灯りにLEDの電球を取り付けます。
明日にもアップ出来ると思います。

新しい冷酒入れ

 今日の窯出しです。

IMG_7217.jpg

IMG_7218.jpg

新しい冷酒入れです。秀峰では珍しい器です。
黒い土を使用して、外側は焼き締め、内側は化粧掛けです。
赤絵と銀彩の杯との取り合わせです。

RINさんでの展示会の内容を絞り込んでいますが、
ナカナカまとまりません。週末までには、形にしたいです。

Keep it simple ,stupid.

RINでの新作展

 6月1日より3日まで、昨年同様に北青山のRINさんに於いて。4社合同にて
新作展をかいさいいたします。 (株)カネコ小兵製陶所、(有)作山窯、
(株)東産工業所東峰窯、そして(有)秀峰の4社。

map080409.jpg

東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」B2出口
またはB4出口より徒歩2分。
同時期に、ビックサイトにおいてライフスタイルショーも
開催されています。
宜しければ、ぜひ足を運んでください。
お待ちいたしております。

IMG_7205.jpg

これ等の陶板も展示のよていです。

IMG_7206.jpg

IMG_7207.jpg

赤絵窯にて焼成前の商品です。
これ等も展示の候補です。

瓢の文鎮

 昨日、5月22日は、多治見のセラミックパークでの
月釜のお手伝い。
そこで、会記を押さえるために使用しました瓢型の文鎮です。

IMG_7202.jpg

IMG_7203.jpg

当日の朝窯出しをして、なんとか間に会いました。
ばたばたの一日でした。

夏用の器

 今日の窯出しです。

IMG_7200.jpg

IMG_7201.jpg

以前の紹介しました器の色違いです。
こちらが以前紹介した器です。

IMG_7059.jpg

IMG_7060.jpg

ブルー、飴色は織部よりも洋食に向いているようです。

今日、5月22日は日曜日、普段出来ないことをしたいと、
計画しています。
仕事以外にも一生懸命になれることが、在るといいですね。

赤絵色々

 今日の窯出しです。

IMG_7197.jpg

IMG_7198.jpg

最近暑いですね。冷酒に最適です。
前回紹介しました2種類も入っています。

口径約6センチ、高さ約6.7センチの小さいモノですが、
食卓に並べばそれなりに存在感を醸し出すこと請け合いです。

IMG_7195.jpg

IMG_7196.jpg
これ等も赤絵色々です。
ハンガー掛けとして使用します。

織部陶箱

 IMG_7184.jpg

IMG_7186.jpg

織部の陶箱に菖蒲を活けました。
この花は、秀峰の若い女性スタッフが、飾ってくれました。
陶箱は、妻のイアデアです。
中々上手くおさまっていると思います。
やはり、女性のほうが、私より一枚も二枚も上です。

織部の掛け花

 今日の窯出しです。

IMG_7165.jpg

IMG_7167.jpg

IMG_7168.jpg

IMG_7169.jpg

織部の掛け花です。
長さ、約45センチ。
鳴海織部です。緑色の部分と白色の模様の部分の粘土が違います。
緑色は鉄分が少ない粘土で、模様の部分は鉄分の多い粘土です。
二つ収縮の異なる粘土が接着してあります。収縮が異なりますと、
焼成の時に剥がれる危険がありますが、上手く焼きあがりました。

灯りパート2

 灯りパート2です。

IMG_7164.jpg

只今、乾燥中
うまく乾燥が出来れば、素焼き、施釉そして本焼成と進みます。

IMG_7163.jpg
 
これらは、前回に紹介しました木に取り付けます。

取り付けたらアップします。

灯り

 最近食器以外の要望が、寄せられるようになりました。

IMG_7159.jpg

それがこれです。灯りです。
庭、玄関での使用とのこと。
形の異なるモノをまだ数本製作中です。
出来上がりはアップいたします。

IMG_7160.jpg

IMG_7161.jpg

ショールームの柱に木の板が飾ってありますが、ここにあるものを
設置する予定です。
もう少しで、焼きあがります。
お楽しみに。

小染付の皿、向付

 今日の窯出しです。

IMG_7147.jpg

口径7、8センチほどの皿です。天塩皿。
文字通り、塩とか、わさび、生姜等の薬味に最適です。
また、コーヒー紅茶の時の、チョコレイト、黒砂糖にどうぞ。

IMG_7148.jpg

桃型の向付。本歌は猿が中心に描いてありますが、要望により、
省略してあります。

IMG_7149.jpg

葉型の向付です。
茶会席での使用です。

紙風船の小皿

 昨日5月14日は、久々の完全オフ。
名古屋へ出かける。栄の丸善をぶらぶら。その後、
スタバで、一時間、家より持参した本を読む。
往復の電車とスタバで読み終える。

IMG_7146.jpg

心を整える いい言葉ですね。
そんなに、期待してはいませんでしたが、いい本です。
それにもう一冊、ローマの休日も読み終える。

IMG_7145.jpg

生姜入りの紅茶が、最近のお気に入りです。
生姜が入っているのが、紙風船の小皿です。

カップは染付。ポットは5,6年前に焼き上げたモノです。
ヒビ割れもあり、入る量も少ないので、新作を製作中です。

冷酒

 最近、冷酒用の器の依頼が寄せられます。
やはり、季節が関係しているのでしょうか?

IMG_7143.jpg
 
これは、冷酒入れです。鉄分の多い土で、製作してあります。
化粧土を施し焼成後、赤絵を付けます。

IMG_7144.jpg

こちらは、鉄分の少ない粘土で作ってあります。
織部になる予定ですが、試案中です。

まるで、戦艦の大砲のようにも見えます。

焼成後は、アップの予定です。

読書

 最近読書が進んでいません。
いろいろバタバタしているだけで、落ち着いて自分の
時間が取れなくて、まあー、自分の時間のマネイジメントが、
出来ていないだけですが.でも、簡単な絵本なんか読んだり
しています。「論語絵本] 訳と絵 森華 監修 礪波護
出版 京都新聞出版センター

 子曰く、近き者説べば、遠き者来る。

絵本ですので、楽に読めますので、どうぞ。

室(むろ)で乾燥させている、半製品です。

IMG_7137.jpg

IMG_7138.jpg

IMG_7139.jpg

これを仕上げて次のようになります。

IMG_7140.jpg

冷酒用の杯になります。

冷酒杯

 今日も(5月12日)、雨が続いています。
かなりの量が降り注いでいます。この雨が木々の成長を
助けているので、あまり文句は言えませんが、太陽が
恋しくなります。

ショールームに敷いた陶板で一番人気はこの陶板でした。

IMG_7116.jpg

前回の銀彩の冷酒器にマッチするように、赤絵の杯を
作りました。

IMG_7119.jpg

IMG_7121.jpg

瓔珞紋には、金彩を施します。

先日、紅茶のポットを依頼されました。
ただいま製作中です。
わたしも、今、生姜をいれた紅茶を愛飲していますので、
自分用にもと思っています。

完成したら、アップしたいと思います。

銀彩酒器

 銀彩酒器が焼きあがりました。

IMG_7113.jpg

IMG_7114.jpg

IMG_7115.jpg

26×15センチ、高さ8.5センチ

夏、冷酒で、イッパイなんてどうですか?

明日死んでも悔いがないように、今日一日を過ごしたいですね。

金彩赤絵手洗い鉢

 金彩赤絵手洗い鉢が、焼きあがりました。

IMG_7108.jpg

IMG_7109.jpg

口径40センチ。

中心の緑色の蓋は取り外し可能です。

この手洗い鉢は簡単に取り換えができますので、
季節によって変えてゆきます。
お楽しみに!

窯の裏山ではコデマリが今、咲いています。

IMG_7110.jpg

それを花入れに飾りました。

日曜日

 昨日5月8日、日曜日。お休みですが、窯へは、一度は
行きます。

IMG_7090.jpg

IMG_7091.jpg

窯の横で乾燥させている半製品です。

IMG_7092.jpg

IMG_7093.jpg

窯入れを待つ製品たちです。

一週間の始まりです、気合いを入れて出動です。

通常業務

 昨日今日5月6、7日は、秀峰はお仕事です。
窯めぐりの後かたずけをしたり、日常の仕事をおこなつています。
窯めぐりのお礼の電話や、窯めぐりでお求めになった商品の追加等の
電話を頂き感謝、ありがたく思います。

秀峰の2匹の猫です。是非飼い猫にしたい、と要望がありますが、
丁重にお断りしています。

IMG_7085.jpg

IMG_7087.jpg

窯めぐり終了。ありがとうございました。

 5月3,4,5日の3っ日間、沢山の皆様に秀峰を
訪ねていただいて、感謝いたします。皆様に頂いた
助言、アドバイスをこれからの、器造りに参考にして、
精進していきます。これからも宜しくお願いいたします。

IMG_7074.jpg

当日に飾った掛け花です。

IMG_7075.jpg

IMG_7076.jpg

IMG_7077.jpg

小石を陶器、磁器で作りました。
来て頂いたお客さまを、”アッ”と思わせることが生きがいです。

いろいろな用途

 昨日5月4日、またも沢山のお客様にお起こしいただきました。
かなり遠方よりからも、お越しになりました。ありがとうございました。

 お客様と会話の中に刺激やヒントがイッパイです。
思わぬ用途の提案があったり、また料理人の皆様には、
器に対してのすばらしい助言を頂いたり、これよりの器造りの
参考になりました。感謝です。

秀峰は、いま入口を改装中です。
 IMG_7069.jpg
 
塀に織部の陶板を埋め込みました。

IMG_7070.jpg

IMG_7071.jpg

IMG_7072.jpg

IMG_7073.jpg

いよいよ、今日が最終日です。
皆様のお越しをお待ちしています。

沢山のお客さん

 今日、たくさんのお客さんに来ていただいています。
そして差し入れも頂戴いたしまた。 その場で盛り付けもしていただきました。

IMG_7059.jpg

IMG_7060.jpg

IMG_7064.jpg

IMG_7067.jpg

即興で、快く盛り付けてくださいました。

大変おいしかった。

茶席ありがとうございました。

 昨日5月3日、茶会には、多くのみなさんにお越しいただいて、
ありがとうございました。
 今日は、ショールームの開店です。今日、明日と
起こし頂いたお客様といろいろとお話ができることが、
楽しみです。

トイレの手洗い鉢を設置いたしました。

IMG_7050.jpg

IMG_7051.jpg

染付です。赤は上絵です。

IMG_7052.jpg

織部。福の字が入れてあります。

今ブログを書いていたら、猫が膝のうえに。

IMG_7053.jpg

IMG_7056.jpg

身動きがとれません。

準備

 昨日5月2日は、窯めぐりの準備。
 
IMG_7048.jpg

IMG_7049.jpg

夕方、ぶらりと書店へと、暇つぶしに。
いつものことであるが、三冊衝動買い。
あー、益々未読の本が増える。

今日5月3日は、商業団地で、茶席のお手伝い。
もう10年ぐらいは続いています。
主客と次客は人間国宝、荒川豊蔵、加藤卓夫そして
鈴木蔵氏のお茶碗で、お茶が頂けます。
500円と破格の値段です。
ぜひどうぞ。茶席は、5月3、4日のみです。
金正陶器さんの喜楽庵です。

秀峰も5月3,4、5日と窯まつり。
わたしは4,5日とショールームいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。